WEB CUE'Sトップ > トピックス > GLANZ戦、森雄介が優勝!

CUE'S最新号

2020年11月号

偶数月4日発売
2020年11月号 10/2発売

詳細を見る

トピックス

2020.11.17 トーナメント

GLANZ戦、森雄介が優勝!

第16回Billiards Cafe GLANZ戦@Billiards Cafe GLANZ

DSC6809-768x512.jpg


日本プロビリヤード連盟(JPBF)』のスリークッショントーナメント『第16回Billiards Cafe GLANZ戦』が、今週末11月15日(日)に無観客で開催され、森雄介が優勝を飾った。JPBFプロトーナメントの公式戦の再開は、2月に行われた『東京オープン』以来となった。会場は『Billiards Cafe GLANZ(グランツ)』(東京・幡ヶ谷)。

DSC6798-768x512.jpg

左から、3位タイ:竹島欧、準優勝:梅田竜二、優勝:森雄介、3位タイ:米山聡


大会フォーマットはスリークッションの30点ゲーム・13名によるシングルトーナメント。森は予選成績1着通過でベスト8からの参戦となった。ベスト8では森陽一郎との親子対決を30−16(16キュー)で下し、ベスト4ではスポンサーシードの竹島欧を30−22(20キュー)で勝利。

決勝では梅田竜二と対戦し、30−26(27キュー)の接戦を制して優勝を飾った。この大会を終えてJPBF公式ホームページでは2020年度のポイントランキングを更新し、1位から新井達雄、梅田、森の順となっている。ランキングを更新し、いよいよ再開の兆しが見え始めたキャロムビリヤードシーンに今後も注目していきたい。

a08dac09ee04846cea08f14175f2de28-768x535.jpg


写真提供/carom seminar