WEB CUE'Sトップ > トピックス > M・フェフィロバが優勝! 日本人最高位は平口の3位タイ!

CUE'S最新号

2020年11月号

偶数月4日発売
2020年11月号 10/2発売

詳細を見る

トピックス

2020.09.28 トーナメント

M・フェフィロバが優勝! 日本人最高位は平口の3位タイ!

The Predator One Pool Women's Cup

0929mf.jpg


9月21日〜27日(月ー日)の日程で、『The Predator One Pool Women's Cup』が開催され、ベラルーシのマーガレット・フェフィロバが優勝を果たした。このトーナメントは、世界各国のトップ女子プレイヤー16名がそれぞれのホームグラウンドで完全リモートで戦うトーナメントで、7月に行われた世界初のリモートマッチ『Predator One Pool 10 Challenge』の女子版のイベントにあたる。

テンボールをベースとした1球1点の得点制のルールで、2人のプレイヤーが交互に1ラックをプレーし、ミスをした時点でそのラックは終了。プレイヤーはブレイク後、「手球現状」か「フリーボール」かを選択する権利があり、手球現状を選択してランアウトした場合、15点を獲得できる(フリーボールの場合は10点)。60点の2セット先取、シングルイリミネーションで争われた。

one0919_3.jpg

平口結貴、河原千尋、和泉早衣子


日本からは河原千尋平口結貴和泉早衣子の3人が参戦。河原、和泉は残念ながら初戦で敗退したが、平口は初戦からアマリア・マタス(スペイン)、アンジェリン・チコア(インドネシア)にストレートで勝利し、準決勝に進出。準決勝のジャスミン・オーシャン(オーストリア)との試合、1セット目は平口が60−52で取るも、2セット目はオーシャンが終盤に4連続でフリーボールからのマスワリを決め、60−60のサドンデスへ。サドンデスは1ラックの獲得点勝負。平口はここでブレイクノーインに終わり、第2セットを失うと、最終セットはオーシャンの勢いに押し切られ(38−60)ゲームボールとなった。平口は惜しくも決勝進出とはならなかったが、日本人選手最高位となる3位タイでこのイベントを終えた。

0929tn.jpg

[2]斬 GCR PAINT-23 green


0929mf.aj.jpg

マーガレット・フェフィロバ(写真/2019年『全日本選手権』)


決勝はフェフィロバとオーシャンの対戦。序盤は一進一退、終盤はフェフィロバが押し切り、47−60、60−58、60−21のセットカウント2−1で優勝を果たした。

また、このイベントを主催するOne Sports TVとPredatorによれば、今後もリモートマッチのスタイルで10月にはダブルストーナメント、11月には混合ダブルストーナメント、さらに64名規模のトーナメントを行っていく予定とのことだ。

YouTubeチャンネルはこちら

大会ホームページはこちら

写真/『Predator One Pool 10 Challenge』