WEB CUE'Sトップ > トピックス > "サムライ"竹中寛が2年ぶりのV

CUE'S最新号

2020年09月号

偶数月4日発売
2020年09月号 6/4発売

詳細を見る

トピックス

2020.02.18 トーナメント

"サムライ"竹中寛が2年ぶりのV

2020西日本グランプリ第1戦@R.T.B

0218gpw1_b1.jpg

竹中寛


2月16日(日)に愛知県犬山市の『R.T.B』(予選は『小牧ハスラー』『インパクト』併用)において、 『西日本グランプリ(西GP)第1戦』が開催された。同店で開催される西GPは4年連続で、いずれもシリーズ開幕戦。 過去3年は浜田翔介竹中寛飯間智也の順に犬山タイトルを獲得してきている。そして今回の目玉は『オールランダムラック』。 ①も⑩も含めて全球をランダムに配置するという、かなり斬新な試みで、どのようなゲーム展開になるのかも見どころの1つとなった。 ※⑩は最後に落としてポイントとなる。⑩が途中で落ちた場合はフットスポットに上げて継続する。

0218rtb.jpg

会場『R.T.B』


このルールに対する反応を紹介しておこう、会場で見たギャラリーからは「ブレイクを相当強く割るのが面白い」、「見慣れない配置、特に取り出しと 最後の⑩が毎回違うので『どうするのかな?』と考える場面が多くて良かった」などなど、概ね好評だった。一方で参加選手からは「配置が 毎回大きく異なるため疲れた」、「映像で見る人が混乱しないか心配」などの声も上がっていた。確かに近年のテンボール(ナインボールも同様だが)は 取り出しと終盤が似通った形になることが多く、このルールだと配置がラックごとに大きく異なる点が見どころにもなっていた。

その顕著な例がベスト32の飯間智也vs大橋清孝の一戦。大橋が驚異的な追い上げでフルゲームに追いついた最終ゲームで、 ラスト3球が同じ長クッション側に集まった配置を上手くこなして取り切るシーンは、この日現場の最高視聴率を稼いでいた。 「良いイメージで撞けて楽しめました」とは試合後の大橋のコメント。パターンにはまらないゲーム展開はベテラン巧者の本能に火を点けたのかもしれない。

0218saito.jpg

斎藤慎太郎


そして夕方には予選通過者14名と前回優勝シードの川端聡、開催店シードの原口俊行が加わって決勝ラウンド(ベスト16~)がスタートした。 ベスト8のカードは山川英樹高木悠次のレフティ対決。ベストアマ賞受賞を確定させた地元愛知の島田隆嗣とベスト32で大逆転勝利を収めた竹中寛。 斎藤慎太郎と青山和弘という上昇気配の対戦。そして前出のベテラン大橋と黒田祐介のカムバック組同士という対戦に。 ここで山川、竹中、斎藤、黒田がセミファイナルへと駒を進める。JPBA公式戦優勝経験者は竹中ただ1人だ。

0218yamakawa.jpg

山川英樹


ここからショットクロック(57分の持ち時間が切れた選手は以後30秒ルール)も採用され、スリリングな空気が漂う。 先に決勝進出を決めたのは竹中で、この試合は山川がファーストラックを取るも竹中が7連取で7-1のスピード決着に。 斎藤と黒田は5-5まで互角に競り合った末、黒田がガッツを見せ7-5のスコアで斎藤を振り切った。なお黒田のハードブレイクが響かせる轟音も観客を喜ばせていた。 こうして竹中は西GP6勝目を懸けて、黒田は初優勝を狙ってファイナルがスタートした。

0218kuroda.jpg

黒田祐介


決勝戦の序盤は好調な黒田がアグレッシブなランアウトを披露して4-2リードで折り返した。緩急をつけた組み立てで配置の変化に対する適応力の高さを 見せた黒田だったが、初優勝を前に僅かなズレが生じ始める。対する竹中は逆にアジャストした印象でゲームを上手くまとめて主導権を握る。 結果、5連取を決めて、ちょうど2年ぶりとなる西GP制覇を果たした。前回の優勝も同会場であったことから「この会場と相性が良いんですかね。 3年ぶり、え? 2年ぶりですか? もっと空いていたと思ってましたが、とにかく勝てて嬉しいです」と安定のハスキーボイスで爽やかにコメントした竹中。 今シーズンの抱負を求めると「頑張りたいですね。頑張りたいんですけど、体力がなかなかね(笑)」と年齢的な部分についてほのめかした。(現在48歳)

0218takenaka.jpg

竹中寛


同じ日に東京で開催された関東オープンでは土方隼斗と平口結貴という平成生まれコンビが揃って優勝。 ちなみに西GPではまだ平成生まれの優勝者が誕生していない。先輩の壁が厚いのか、はたまた若手が伸びていないのかは今後に注目ということで。 なお今回の表彰台(ベスト4)の平均年齢は44.8歳。令和の間に『平成チャンプ誕生』の一報は出るのかにも注目だ。

0218kaisetu.jpg

決勝は大江明プロ(左)と大橋清孝プロ(右)の解説付き


※ファイナルの映像は後日CBNTで公開予定です。どうぞお楽しみに!

0218gpw1_b4.jpg

左から、3位タイ:斎藤慎太郎、優勝:竹中寛、準優勝:黒田祐介、3位タイ:山川英樹


Akira TAKATA