WEB CUE'Sトップ > トピックス > 『Kobby's Billiards』300回記念3C月例会が盛大に開催

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2020年01月号

偶数月4日発売
2020年01月号 12/11発売

詳細を見る

トピックス

2020.01.11 イベント

『Kobby's Billiards』300回記念3C月例会が盛大に開催

ADAM&MIN Presents/Kobby's 3C Monthly 300th Anniversary CUP

kobby300_all.jpg


東京・野方の『Kobby's Billiards』(以下、コビー)は、昨年11月に逝去された小林伸明氏が1989年に創業し昨年で30周年を迎えた、現在はJPBF所属の小林英明プロ・諒子プロ夫妻が代表を務めるビリヤード場だ。2019年12月29日(日)、ここで300回目の同店スリークッション月例会を記念したトーナメント『ADAM&MIN Presents/Kobby's 3C Monthly 300th Anniversary CUP』が開催された。

kobby300_hall.jpg

創業31年目を迎えた『Kobby's Billiards』


kobby300_kobayashi.jpg

現在オーナーを務める小林英明プロ


今大会はキューメーカー『アダムジャパン』と韓国のビリヤードテーブルメーカー『MIN Table』が特別協賛した記念大会で、想定以上の問い合わせがあったために最大エントリー数を当初予定していた60名から72名に増枠して開催。

kobby300_min.jpg

試合は全てMINテーブルで行われた


大会中にはグッズの購入などができるアダムジャパンブースが開かれた。また、アダムジャパンのフラッグシップキューである『MUSASHI』の同社設立50周年記念モデルの制作発表も行われた。

kobby300_adam.jpg

アダムジャパンのブースにはMUSAHIをはじめ、たくさんのグッズが並んだ


試合はスリークッションのハンデ戦(試合点数は予選が持ち点の35%、決勝が30%)。予選は3名リーグ戦、決勝は24名によるシングルトーナメントというフォーマットで行われた(予選は新大久保の『ビリヤード小林』も併用)。

今大会には日ごろからコビーに通う常連客はもちろん、数多くのプレイヤーが参加。コビー初代店長で第1回月例会を開催した森陽一郎プロや、界敦康プロ、森雄介プロなどのJPBFプレイヤーも参戦した。

kobby300_mori.jpg

森陽一郎プロ


大会中は試合を存分に楽しむだけでなく、協賛各社の提供品などの抽選会や、ポケットテーブルでの1ゲームチャレンジマッチなどのイベントが行われ、参加者達は2019年最後となるであろうトーナメントを楽しんだ。

kobby300_b4.jpg

大会ベスト4。左から3位タイ・福田麻理子選手、優勝・角谷貴之選手、準優勝・大野裕一選手、3位タイ・伊藤直紀選手


試合は、森陽一郎プロや界プロなどを破って勝ち上がった角谷貴之選手(試合点数5点)が、決勝戦で大野裕一選手(試合点数8点)を5-6で下して優勝を果たし、盛大に開催された300回記念月例会は幕を閉じた。

Masato KITAMURA