WEB CUE'Sトップ > トピックス > ブロムダールが6度目の世界選手権優勝!

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2020年01月号

偶数月4日発売
2020年01月号 12/11発売

詳細を見る

トピックス

2019.12.02 トーナメント

ブロムダールが6度目の世界選手権優勝!

森雄介は17位タイ、新井達雄は予選突破ならず

1202b4.jpg

左から3位タイ:サメ・シドム(エジプト)、優勝:トルビョルン・ブロムダール(スウェーデン)、
準優勝:グエン・ドクアンチエン(ベトナム)、3位タイ:セミ・サエギナール(トルコ)


11月26日〜30日(火ー土)、デンマークのラナースで『2019世界スリークッション選手権』が開催され、トルビョルン・ブロムダール(スウェーデン)が6度目の世界一に輝いた。大会フォーマットは、各国代表48名による3名×16組の予選リーグ、各組上位2名の32名による決勝トーナメントを40点ゲームで争われた。

1202all.jpg


1202hall.jpg

会場の様子


各国の代表を凌いでベスト4に残ったのはブロムダールのほか、グエン・ドクアンチエン(ベトナム)、サメ・シドム(エジプト)、セミ・サエギナール(トルコ)の4名。ブロムダールは僅か10キュー・40−18でシドムを下し、ドクアンチエンはサエギナールを相手に40−36(21キュー)の僅差で取り、自信初の世界選手権ファイナルへ進んだ。

1202b1.jpg

トルビョルン・ブロムダール(スウェーデン)


決勝戦序盤、ブロムダールが猛攻を仕掛けて27−6まで突き放したが、中盤にドクアンチエンの追い上げに遭い、31−30まで戻される。しかし経験で勝るブロムダールが振り切って最終スコア40−37(22キュー)で優勝を果たした。

なお、日本代表として参戦した選手は新井達雄森雄介の2名。新井は予選リーグで2敗を喫し、予選敗退。森は予選を1勝1敗で2位通過を果たしたが、本戦トーナメント初戦(ベスト32)のチェ・ワンヨン(韓国)戦に敗れて大会終了となった。

※写真提供/Kozoom Studio