WEB CUE'Sトップ > トピックス > ワンクッションツアー2戦目、森陽一郎が圧巻の優勝!

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2019年09月号

偶数月4日発売
2019年09月号 8/3発売

詳細を見る

トピックス

2019.08.21 トーナメント

ワンクッションツアー2戦目、森陽一郎が圧巻の優勝!

2019~ 1 Cushion Billiard ~BAND GAME SPIRITS TOURS第2戦

0821b1.jpg

優勝:森陽一郎


8月17日(土)、『ビリヤード小林』(東京・新大久保)にて『2019~ 1 Cushion Billiard ~BAND GAME SPIRITS TOURS(バンドスピリッツツアー)』の第2戦が開催され、『全日本バンド選手権大会』選手権者の森陽一郎が優勝した。このバンドスピリッツツアーは、バンドゲーム(ワンクッション)発展の為に設立された『バンドゲーム推進委員会』主催の年間4回開催されるツアー戦で、今回がその第2戦となっている。

出場資格はアマチュア (スリークッション、四ツ球、カードル2段以上、ポケットA級以上)、プロは今年より全日本バンドオープン・プロ選手権優勝者も含む。フォーマットは、30点ゲーム、15キュー打ち切りの予選リーグ戦を行い、各組上位3名の計12名が35点ゲームの決勝トーナメント(3位決定戦あり)で争われた。

0821rg.jpg

予選結果


予選は15キュー打ち切りルールに苦しめられる選手も多い中、JPBF所属の森陽一郎、肥田明高橋朋隆はさすがの全勝で予選通過。特筆すべきは全試合を4キューで上がり、アベレージ7.500で予選通過した森だろう。

0821tn.jpg

決勝トーナメント結果


決勝トーナメントは森が全試合をシングルで上がる安定感を見せて決勝進出。もう一山では、肥田明が初戦三田昌克(REVE)を35−31(22キュー)、準決勝で高橋朋隆に35−29(16キュー)で勝利と、接戦を制して決勝へ進出した。森 vs 肥田の決勝戦は、大会を通してシングルで上がり続けた森が、決勝でも抜群の安定感を見せ35−4(4キュー、ハイラン21)で優勝を決めた。なお、3位決定戦は高橋朋隆が勝利した。高橋は決勝トーナメント1戦目で樋渡順也を相手にベストゲームとなる35−0(2キュー、ハイラン24)の好ゲームを演じている。

0821all.jpg

参加者は大会規定のポロシャツを着用して試合に出場


大会指定の『OWL(オウル)』ポロシャツを着て試合に臨むなど、新たな取り組みも取り入れられている『バンドスピリッツ』。このような活動が広く知られ、ワンクッション(バンドゲーム)の更なる発展を願いたい。次回のバンドスピリッツ第3戦の要項は追ってお知らせする。

※写真・画像提供/バンドゲーム推進委員会