WEB CUE'Sトップ > トピックス > 男子決勝は、大井直幸vs小川徳郎!

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2019年11月号

偶数月4日発売
2019年11月号 10/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.07.15

男子決勝は、大井直幸vs小川徳郎!

第32回ジャパンオープン

0715jo04_ooi.jpg

大井直幸、約束の場所へ一番乗り


日本最大のビリヤードオープントーナメントにして、JPBA2019年シーズン前半戦の大一番『第32回ジャパンオープン』。いよいよ今年のファイナリストが決定した。

0715jo04_norio.jpg

小川徳郎、初の決勝進出!


小川とジーリンスキーの戦いは、連戦の疲れが見えたか、ジーリンスキーにミスが出始めるが、小川も走りきれず競った展開のまま中盤に突入。一旦は先に6-7とリーチをかけられた小川だったが、ここから追い付き、最終ラックはジーリンスキーの①ジャンプショットがスクラッチとなるラッキーをしっかりものにして勝利。初のニューピアホール登場で、いきなりの決勝進出となった。

女子ナインボールは、栗林美幸 vs 陳佳樺(台湾)、アンジェリン・チコア(インドネシア)
vsルビレン・アミット(フィリピン)の組み合わせ。まず先にファイナル行きを決めたのがアミット、序盤の競り合いから一気に抜け出し7-3でフィニッシュ。栗林vs陳のゲームは、4-4の同点に追いつくところでの栗林のミスから栗林が3-5と劣勢に立たされる。ここでタイムアウトをとって巻き返しを図りたいところだったが、4-5で迎えた第10ラック、勝負に行った③--⑥コンビを外すと、その後は陳が取り切りマスワリでフィニッシュ。残念ながJPBA女子のファイナル進出はならなかった。

0715jo04_miyuki.jpg

3位タイ・栗林美幸


0715jo04_ange.jpg

3位タイ・アンジェリン・チコア


大井直幸、JO初制覇なるか。ファイナルは間もなくスタート!