WEB CUE'Sトップ > トピックス > 男子ベスト8決定!

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2019年09月号

偶数月4日発売
2019年09月号 8/3発売

詳細を見る

トピックス

2019.07.15 トーナメント

男子ベスト8決定!

第32回ジャパンオープン

jo1501_ooi.jpg

大井直幸はルーキー・小川立致に粘られながらもベスト8へ


日本最大のビリヤードオープントーナメントにして、JPBAの2019年シーズン前半戦の大一番『第32回ジャパンオープン』はいよいよクライマックス。ニューピアホールに集結した男子16名、女子8名による頂点を目指す戦いは、男子ベスト16戦からスタートした。

jo1501_open.jpg


小川立致vs大井直幸
川端聡vs羅立文
嶋野聖大vs照屋勝司
吉岡正登vsアントニオ・リニング

赤狩山幸男vsミカエル・フェリシアーノ(フィリピン)
小川徳郎vs林達理(台湾)
ロナート・アルカノ(フィリピン)vs竹中寛
ダンテ・ラザラン(フィリピン)vsヴィクター・ジーリンスキー(ポーランド)

この中でベスト8一番乗りを果たしたのは、ポーランドから参戦のヴィクター・ジーリンスキー。フィリピンのダンテ・ラザランを相手に、全く付け入る隙を見せず8-3で勝利。次に勝ち名乗りを受けたのはロナート・アルカノ。竹中寛を相手に先行されたものの、正確無比なプレーで中盤以降で突き放して8-3。

jo1501_victor.jpg

ヴィクター・ジーリンスキー


JPBA勢では、フィリピンのミカエル・フェリシアーノの対戦した赤狩山幸男が、4-4からの4連取でベスト8一番乗り。続いて羅との対戦した川端聡が序盤からリードを保ったまま、ラストラックもマスワリも決めて8-2。

jo1501_kari.jpg

赤狩山幸男


jo1501_kawabata.jpg

川端聡


さらにルーキー・小川立致と対戦した大井直幸が、大量リードから終盤、小川に粘られながらも8-4でフィニッシュ。残る対戦からは、照屋勝司と台湾の林達理とのヒルヒル戦を制した小川徳郎が勝利し、ベスト8の組み合わせは以下の通りとなった。

jo1501_teruya.jpg

照屋勝司


jo1501_norio.jpg

小川徳郎


大井直幸vs川端聡
照屋勝司vsアントニオ・リニング
赤狩山幸男vs小川徳郎
ロナート・アルカノ(フィリピン)vsヴィクター・ジーリンスキー(ポーランド)