WEB CUE'Sトップ > トピックス > 【JO開幕直前情報Vol.13】頂点を目指すJPBAプレイヤー!

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2019年07月号

偶数月4日発売
2019年07月号 6/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.07.10 トーナメント

【JO開幕直前情報Vol.13】頂点を目指すJPBAプレイヤー!

男子プロ編03〜北谷好宏、飯間智也、吉岡正登、川端聡〜

JO開幕まであと3日。頂点を目指して戦い続けるJPBAの男女トップランカー達を、本人によるコメント動画とともに紹介していくこのコーナーの第6回目は、北谷好宏、飯間智也、吉岡正登、川端聡の4名の男子プロ。



北谷好宏

福岡県出身でプロ入りは'00年の34期生。今年の最高成績は西日本グランプリ第3戦で3位タイ。JOは'17年・'18年に3位タイ入賞、'04年・'14年・'16年に9位タイの成績を残した。6月末時点でのJPBAランキングは8位。

08_kitataniy.jpg




飯間智也

香川県出身。プロ入りは'17年の51期生。今年の最高成績は西日本グランプリ第1戦で優勝。JOでは'08年・'09年・'17年に17位タイとなった。6月末時点でのJPBAランキングは9位。

05_iima.jpg




吉岡正登

京都府出身でプロ入りは'09年の43期生。今年の最高成績は関西オープン優勝。JOでは'18年に17位タイとなった。6月末時点でのJPBAランキングは6位。

yoshioka.jpg




川端聡

大阪府出身。プロ入りは'96年の29期生。今年の最高成績は全日本14−1オープン選手権優勝。JOでは'00年に優勝、'12年に準優勝、'97年・'06年・'11年・'15年に3位タイ、'94年に5位タイ、'96年・'13年・'14年・'17年に9位タイと、並々ならぬ成績を残している。6月末時点でのJPBAランキングは5位。

06kawabata.jpg