WEB CUE'Sトップ > トピックス > ジュニア女子・ダブルスで日本初優勝!

カテゴリー

アーカイブ

CUE'S最新号

2019年07月号

偶数月4日発売
2019年07月号 6/4発売

詳細を見る

トピックス

2019.07.08 トーナメント

ジュニア女子・ダブルスで日本初優勝!

2019アジア選手権(男子&ジュニア)

19asia_finalist.jpg


7月2〜5日(火〜金)、台湾の首都・台北市にある『Ji- Hsien Pool Club』にて、『2019アジア選手権(男子&ジュニア)』が開催された。JPBAからは吉岡正登 高野智央赤狩山幸男が出場したが、全員予選ラウンドで敗退となり決勝トーナメント進出とはならなかった。

19asia_kapintyu.jpg

成人男子優勝:柯秉中(台湾)


19asia_kapinyi.jpg

成人男子準優勝:柯秉逸(台湾)


まず成人男子の結果を見てみると、やはり今年も地元台湾勢は強かった。ベスト4は柯秉中、柯秉逸張榮麟(以上、台湾)、アロイシウス・ヤップ(シンガポール)と、ヤップ以外は台湾のトップクラスの3名が順当に名を連ねた。決勝は柯秉中と柯秉逸の兄弟対決となり、弟の柯秉中が兄の柯秉逸に8−5で勝利しアジア選手権初優勝を飾った。

P7051085.jpg

左から3位タイ:張榮麟(台湾)、アロイシウス・ヤップ(シンガポール)、優勝:柯秉中(台湾)、準優勝:柯秉逸


ジュニア男子・シングルは村松勇志と魚見凛が出場。両名とも予選を抜け決勝トーナメントへと進出し、魚見が5位タイ、村松が3位タイ入賞を飾った。

19asia_j-muramatu.jpg

ジュニア男子・シングル3位タイ入賞、村松勇志


19asia_j-uomi.jpg

ジュニア男子・シングル5位タイ入賞、魚見凛


男子ジュニア・ダブルスは村松・魚見のペアで出場し、予選ラウンドの敗者最終戦で台湾Bチームに敗れ決勝トーナメント進出とはならなかった。

19asia_j-doubles.jpg


ジュニア女子・シングルは奥田玲生、谷みいな、上手佑香が出場し、奥田が3位タイ入賞を果たし昨年に続き2年連続の受賞となった。

19asia_wj-okuda.jpg

ジュニア女子・シングル3位タイ:奥田玲生


19asia_wj-tani.jpg

谷みいな


19asia_wj-kamite.jpg

上手佑香


女子ジュニア・ダブルスは2年連続で奥田と谷のペアで出場。決勝戦で台湾Aチームをヒルヒルで制し初優勝を成し遂げた。

19asia_wj-doubles2.jpg


19asia_wj-doubles_winner.jpg

ジュニア女子・ダブルス優勝:谷(左)、奥田(右


今年はジュニア選手達が健闘を見せ、今後の活躍が非常に楽しみな結果となった。JPBA勢は良い結果とはならなかったが、今週末に控えている『第32回 ジャパンオープン』での吉岡・高野・赤狩山の活躍に期待したい。

19asia_j-japan.jpg


写真提供:On the hill!