WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 田中潤が公式戦初V!

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2018.07.31 トーナメント

田中潤が公式戦初V!

第68回全関東スリークッション選手権大会

allknanto18_tanaka.jpg

優勝・田中潤


「68回第全関東選手権」の決勝トーナメントが東京・大久保の「ビリヤード小林」で開催された。予選を突破した24名と、昨年優勝の宮下崇生を始め4名のシード選手が朝10時より30点ゲームのシングルトーナメントを開始し、シードの田中潤が大会初優勝を果たした。

kanto31_kobayashi.jpg

準優勝・小林英明


田中はまず今年の全日本覇者であり現在JPBFランキング1位の新井達雄を30-16・20キューで制すと次は一昨年のMVP・梅田竜二を下しベスト4に進出した。準決勝では、2014年にプロ入りした23歳の森雄介と対戦。森が大会ハイランの14点を出すも田中が30−28・15キューで勝利し決勝へと進出した。

kanto31_mori.jpg

3位タイ・森雄介


kanto31_suzuki.jpg

3位タイ・鈴木剛


決勝は小林英明のカードとなった。バンキング後、田中が1キューで7点と差をつける。その後小林も3点返すが続かず次のキューでまたしても田中は7点獲得し、5キュー撞き終わったところで田中がリードの15−5。攻め切った田中が30-15・19キューで大会を締めくくった。一昨年、昨年と全関東は3位についていた田中にとって嬉しい優勝となった

写真提供:On the hill!


allkanto18_bracket_th.jpg