WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 【JOカウントダウン Vol.9】30年史その5

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2018.06.23 ジャパンオープン

【JOカウントダウン Vol.9】30年史その5

From 2011 to 2014

2012年大会女子決勝、梶谷景美が5度目のJO制覇


2011年に男子ジャパンオープンは、ナインボールからテンボールに種目変更された。テンボールになってもやはり強国フィリピン。4年間で2度フィリピン勢が優勝している。しかし11年の試合では遂にフィリピンの連覇が途切れることとなる......。

2011年の第24回大会は、開催日の8日前に起こった東日本大震災の影響を受けて延期となり開催が危ぶまれていたが、ビリヤードに携わるプレイヤーや関係者達の努力によって7月9日〜10日の日程で無事に開催された。

テンボール元年となった男子決勝のトリを飾ったのは、張榮麟エフレン・レイズ。まさに世界のトップスターによるハイレベルバトルとなった。ヒルヒルの激闘となった試合はこの時26歳だった張が制してJO初制覇を決め、フィリピン勢の7連覇を食い止めた。尚、この年の日本勢は川端聡神箸久貴の西日本ベテラン2人の3位タイが最高位だった。

jo9_11menfinal.jpg


女子では、強国台湾から彗星のように現れた21歳女子大生の魏子茜が優勝をさらい、会場を驚かせた。決勝の相手となったのは、河原千尋。こちらもヒルヒルとなったが最後きっちりと9番を沈めた締めた魏がトロフィーを手にした。

jo9_11wemenwinner.jpg

魏子茜


2012年の大会も男女共にヒルヒルの決勝戦となった。女子では新旧女王対決が勃発。梶谷景美と、2005年のプロ入り以来、年を追うごとに実力を増してきた河原がジャパンオープンの決勝戦で相見えた。2011年は両者の直接対決が4回あり、その全ての試合で河原が勝利している。梶谷にとっては負けるわけにはいかない決勝であった。2人の試合は最終ラックに突入し、追いついてブレイクを放った梶谷が、9番でレストショットになるも無事にマスワって、5度目のJO優勝を飾った。

jo9_12wemenwinner.jpg

11年ぶりの優勝・梶谷景美


男子ではまたしてもフィリピン勢が活躍。決勝で川端聡がワレン・キアムコとの激闘を演じたが、惜しくも夢叶わず、キアムコがJO初制覇した。

jo9_12menb4.jpg

左から3位タイ/カルロ・ビアド、準優勝/川端、優勝/ワレン・キアムコ、3位タイ/ラミル・ガレゴ


2013年、この年は日本勢にとって大きな転機となる年だった。男子では2003年の西嶋大策以来10年ぶりの日本人王者が誕生。女子では、河原千尋が4度目の決勝戦進出にして初めてJOタイトルを獲得を果たした。

男子では土方隼斗が川端聡、栗林達、そして準決勝で玉城薫アマを下し決勝に進出し、同胞のエフレン・レイズから逆転勝利を奪ったリー・バン・コルテッザと対戦した。土方は第2ラックの1-10ジャンプコンビをきっかけに、のびのびとした攻めのプレーで試合を優位に進め、9-5でフィニッシュ。JO初制覇で自信を深めた若武者は、2013年の年間MVPも獲得した。

jo9_13hijikata.jpg

胴上げされる土方隼斗


一方の河原も、気負うことなく最高のパフォーマンスを見せた。準決勝では呉芷婷、決勝では蔡佩真と強国・台湾勢と激突した河原は、しっかりと呉芷婷を仕留めると、決勝では1-1からの4連続マスワリで一気に蔡佩真を突き放し、土方が初優勝を決めた20分後に8-4で勝利。この瞬間、2003年以来10年振りに、男女共に日本人プレイヤーがJOタイトル獲得を果たしたのだった。

jo9_13kawahara.jpg

河原もこの年、3度目となる年間MVPを獲得した


2014年、JPBA男子プロに期待がかけられていた。2013年に土方が10年間の呪いを解いたこともあったし、決勝日にはJPBA勢13人が残っていた。しかし、青木亮二早瀬優治を残し全員が3名の海外勢、アントニオ・リニング、リー・ヴァン・コルテッザ、そしてアメリカからやって来た「ロケット」ことロドニー・モリスの前に敗退。青木、早瀬もそれぞれ準決勝でモリス、リニングに敗れ、日本勢の2連覇は潰えた。「フィリピンvsアメリカ」という近年のジャパンオープンではあまり見ることのない、新鮮なカードになった決勝は、ハイレベルな攻防となったが、リニングが大きく開いたリードをセーフティを有効に使ったプレーで保ち勝利を決めた。

jo9_14menwinner.jpg

2年間の病気療養を経てなお卓越した技術を見せたリニング


女子ではニュースターが誕生した。当時18歳の台湾人、呉芷婷だ。

jo8_07wejo9_14wemenwinner.jpgmenfinal.jpg

呉芷婷


呉は前年の『北陸オープン』に弱冠17歳で優勝したことでも話題になっていた。決勝戦の相手は、過去にジャパンオープンの決勝戦を撞いたことがある李佳。圧倒的に経験がある李を相手に、呉は全く物怖じのせず連マススタート。そのまま李に反撃を許さず、8-2というスコアで優勝した。

女子は河原が日本のエースたる実力を示した他、魏子茜、呉芷婷と若手の活躍が目立った4年間となった。この後も2016年にプロデビューする平口が17年にJO勝利を飾るなど、若手の活躍は続く。(30年史その6へ続く)