WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 大井直幸、GP3連勝!【動画アリ】

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2018.06.18 トーナメント

大井直幸、GP3連勝!【動画アリ】

東日本グランプリ第3戦@キャノンボール大森

gpe317_winner.jpg

大井直幸


2週連続でのプロツアー開催となった東京・大森の『キャノンボール大森店』。6月17日(日)は10日の女子プロツアーに続き『東日本グランプリ第3戦』の決勝トーナメントが開催された。

gpe317_hall1.jpg


東日本グランプリはここまでの2戦、今年から東日本に戻ってきた大井直幸が、ともに決勝で栗林達を下して連勝中。朝から大勢詰めかけたギャラリーの注目も、この日前戦優勝シードとして登場した大井のプレーに集まった。

その大井は、初戦で赤狩山幸男と対戦。4−4まで互いに譲らぬ展開となったが、ここから一気に4ラックを連取してベスト8一番乗り。その他、ベスト8には開催店シードで登場の高橋邦彦内垣建一を終盤で突き放した土方隼斗羅立文に仕事をさせなかった高野智央浦岡隆志をヒルヒルの激戦で下した東北代表の鈴木淳、栗林達を下した北海道代表の鳴海大蔵、前戦の九州オープン準優勝と調子を上げている津堅翔、アマチュア対決を制した小宮鐘之介が勝ち上がった。

gpe317_takano.jpg

3位タイ・高野智央


大井vs鈴木、高野vs津堅、鳴海vs小宮、土方vs高橋の組み合わせとなった準々決勝。ここでも大井が9番ミスが1回あったものの、それを除けば完璧とも言える内容でここでも8-2として早々に準決勝に進む。高野vs津堅の対戦は、好調なプレーを続ける高野が、津堅のミスをしっかりと得点につなげて8-3。序盤1-5とリードを奪われた小宮は、鳴海のワンミスからチャンスをものにして一気に逆転勝利。最後まで白熱した戦いとなった土方vs高橋は、1-4のビハインドから粘り強く戦った土方が、こちらも終盤で逆転を果たして8−6で勝利。準決勝は大井vs高野、土方vs小宮の対戦となった。

gpe317_komiya2.jpg

3位タイ・小宮鐘之介


ここから40秒のショットクロックが入った準決勝。まず最初に決着を見たのが土方vs小宮戦。序盤は互いにマスワリで土方の2-1。ここから小宮のブレイクが2回連続でイリーガルとなって、ゲームの流れは一気に土方へ。5-1と引き離したところからブレイク、ショットともに精度を上げてきた土方が、主導権を渡さないまま8-3でフィニッシュ。

大井vs高野の試合は、こちらも大井の2-1で迎えた第4ラックでの高野のスクラッチミスが引き金となってスコアは5-1まで開く。何とか2点を返した高野だったが、大井のプレーに全く陰りは見えず、効果的なブレイクから難球をものともしないショットでこちらも8-3として、いよいよグランプリ3連勝に王手をかけた。

gpe317_lag.jpg

決勝はGP連勝中の大井と昨年のMVP、土方。最高のカードとなった


ナインボール8ラック先取、交互ブレイクというスリリングなフォーマットの中でもきっちりと勝ち上がってきた2連勝中の大井と昨年のグランプリMVP・土方の決勝戦。バンキングを取った土方のブレイクでスタートしたゲームは、序盤は互いにミスもある展開で3-3。その後第7ラックで土方ブレイクターンをものにした大井が一歩リードし、その後は互いのマスワリの応酬となって進む。

大井の6-5で迎えた第12ラック、大井の1番セーフティが見えたところで、土方がこの難しい1番をコーナーに叩き込んでランアウト。さらに次ラックのマスワリで逆転リーチ。大井も負けじとマスワリを返して遂にゲームは7-7、決勝に相応しい激戦はいよいよクライマックスへ。

gpe317_hjjikatas.jpg

準優勝・土方隼斗


ラストラックのブレイクは土方。ここまで正確にコントロールされた手球でパターンラックを作りマスワリを量産してきたが、3個イン、残り6球の取り出しの1番は悩ましい位置に残った。思い切ってカットに行くのか守るのか。ギャラリーが固唾を呑んで見守る中、ショットクロックの縛りがなくなったヒルヒルのラストラックで長考に入る土方。

一旦はそのままショットに入る構えも見せたが、土方は1番から遠くはなるが、やや厚めに狙える位置に手球を運ぶプッシュアウトを選択。対する大井はあまり間を置くことなくパス。そして勝負を決める一球に土方が挑む......。

勝負が決する局面での土方の選択、そして結末は......。


ショートゲームの中に、ナインボールのトップレベルの攻防が詰まった今年のベストバウト有力候補とも言うべき戦いは、大井のグランプリ開幕3連勝という結末で幕を閉じた。グランプリの次戦は8月だが、大井、土方、そしてこの日素晴らしいプレーを見せたプレイヤー達の次なる目標は7月14日に開幕を迎えるジャパンオープンだ。

『キャノンボール大森店』を舞台に2週連続で繰り広げられた男女の熱き戦い、まずは『東日本グランプリ第3戦決勝・大井直幸vs土方隼斗』のフルバージョンはCBNTにて6月22日(金)に配信開始。さらに『全日本女子プロツアー第3戦決勝・河原千尋vs高橋有美子』、『東日本グランプリ第3戦準決勝・大井直幸vs高野智央』も近日配信予定となっているので、ぜひご覧ください!