WEB CUE'Sトップ > トップニュース > バンドゲームスピリッツツアーズ最終戦

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.12.28 トーナメント

バンドゲームスピリッツツアーズ最終戦

優勝は森陽一郎、年間MVPは高橋朋隆

12月16日(土)、東京・江戸川区の「ビリヤード ヤマニ」と「ビリヤードクラブ REVE」で『2017バンドゲーム スピリッツツアーズ最終戦 』が開催された。

4戦目のツアー最終戦はプロ8名を含めた21名が参加した。優勝したのは今年2月に行われた『第23回3C東京オープン』覇者の森陽一郎(JPBF)。

bspirits17_winner.jpg

ゲスト出場での優勝を遂げた森陽一郎


ツアーの累計ポイントで年間ランキングの決まる最終戦は、熾烈な順位争いが見られた。その中でベスト4に入ったのは、JPBFの熊澤崇高橋朋隆、森陽一郎、とアマチュアの石井(コモルーム)。ゲスト出場した森が高橋を5キュー・W-32、決勝では熊澤を6キュー・W-17で降し優勝した。高橋vs石井の3位決定戦は高橋が12キュー・W-29で勝利した。

bspirits17_b5.jpg

大会入賞者。左から優勝・森陽一郎、3位・高橋朋隆、2位・熊澤崇、9位タイ・城出茂樹、4位・石井健一


ポイントランキングは優勝がゲスト出場の森だったことで、第3戦優勝の高橋が820ptでMVPに輝いた。ツアー全体を通し高橋の記録したゲームアベレージ3.363とハイラン31点は最高記録で納得のMVPだ。2位は熊澤、第2戦で優勝したアマチュアの城出茂樹(ARENA)が3位に、同じくアマの石井は4位にランクインし、プロと互角の実力を示した。

bspirits17_mvp.jpg

見事MVP・高橋朋隆


bspirits17_17b4.jpg

年間ツアーランキング上位4名。左から、MVP・高橋朋隆、2位・熊澤崇、3位・城出茂樹、4位・石井健一


キャロムビリヤードの種目として人気の根強いバンドゲームは来年4月に開催される『第8回 アジアキャロム選手権大会』の種目にもなっている。前回とフォーマットが同じであれば日本勢は3名の出場枠がある。

来年のキャロムビリヤード界のプレイヤー達の活躍に、プロ・アマ問わず期待だ。