WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 新しい MADE IN JAPAN 登場!

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.11.30 アイテム

新しい MADE IN JAPAN 登場!

もう盛らない盛らせない


「ビリヤードのテーブルで1番重要な部分は何処ですか?」という意味不明な質問をされたら、ほとんどの人は「ラシャ......(は?)」と答えるでしょう。でも、中には変わった人もいて「フットスポット」などと答えるかもしれません。今回はそんな変な人に紹介したい商品です。

C&Fオリーブがこの度『Foot Spot Marker Pro』を開発しました。 あまり聞き慣れない用語ですが、フットスポットマーカーはフットスポットに貼ってある黒丸のシールのことです。ラックを組む時、場外の球を戻す時、59でフットをコールされた時、59でツー出しできなかった時に目印になるあのシールです。

fmp_footpoint

フットスポットは井上浩平Pの撞く⑩の横にある黒ぽち



fmp_rackkunderu2.jpg

①の真下にフットスポット


C&Fオリーブは、『マルチラックシート』『次世代タートルラックシート』を含め各種ラックシートや、スヌーカーに限らず全種目で使用できる『アルティメットボールマーカー』などを発明しています。開発するアイテムは全て質、目の付け処ともに他を凌駕する安心のMADE IN JAPAN。

fmp_next_turtle.jpg

『次世代タートルラックシート』にもMADE IN JAPANのロゴ


fmp_ballmarker.jpg

全種目に対応したV字型の『アルティメットボールマーカー』


そんなC&Fオリーブが今回発明したフットスポットマーカー、従来のマーカーは厚み150μm〜なのに対し100μmと薄く、表面にラミネート加工が施されています。また、大きさも直径27mmと従来の32mmより小さくなり、ボールの転がりに極力影響が出ないようになっています。ちなみに100μmは文系の方にも少しだけ分かりやすく言うと0.1mmです。

C&Fオリーブによると、ラックを組む時フットポイント上の球がシールの影響で他の球より浮いた状態になり、その弊害として、ハードブレイク時にフット上の球が上に跳ね上がったり、ラックが立たなかったりすることがあるので、シールはより薄いほうが良いとのことです。

fmp_2.jpg

こだわりの薄さ


さらに強粘着力で従来のシールよりも剥がれにくく、これで「フットポイントのシールが剥がれ気味でラックが組めない、たたない」問題にも一石が投じられたました。

fmp_footmarker12.jpg

1シート12個 定価550円(税抜)


ビリヤードテーブルを所有していない限り馴染みのないシールですが、『Foot Point Marker Pro』は 12月7日(木)発売のCUE'S1月号のプレゼント企画の商品にもなっています。ビリヤードテーブルを所有していない方でも当選した暁にはMac Bookに貼ったりしてみるのも良いのかなと筆者は個人的に思います。みなさんの抽選おハガキお待ちしております。

『Foot Point Marker Pro』の詳細を知りたい方、購入を希望される方は各販売代理店にお問い合わせ下さい。