WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 【全日本特集 Vol.07】ステージ2がスタート!

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.11.20 トピックス

【全日本特集 Vol.07】ステージ2がスタート!

第50回「寬仁親王牌」全日本選手権大会開催


ajcs20_hijikata.jpg

勝者側からステージ2を通過した土方隼斗


11月17日(金)から始まったステージ1で開幕した『第50回全日本選手権」。今年も舞台は秋のアルカイック。金曜、土曜の2日間で計12名の予選通過者(ステージ2進出者)を選び出し、いよいよ昨日(18日・祝)は男子ステージ2がスタートした。128名をダブルイリミネーションの枠に振り分けて64名に絞り込むステージは、初日から出場者全員が登場する。そんな豪華な初日が日曜日ということもあり、会場内は大勢の観客でにぎわった。

ajcs20_hall.jpg

ギャラリーの集まる『あましんアルカイックホールオクト』特設会場


まず朝から4回転にわたって勝者1回戦が行われ、外が暗くなった5回転目(最終回転)は勝者最終に突入。(残りの半分は今日)ここで勝てば無傷で決勝シングル(ベスト64)への切符が手に入る。"神様"エフレン・レイズ(フィリピン)や昨年王者の柯秉逸(台湾)、一昨年の王者であるヨハン・チュアら海外有力どころが概ね順当に無傷のステージ通過を果たした。今年も台湾とフィリピンを二大勢力として、どこまで日本勢が食い込んでいけるのかが焦点となるだろう。

ajcs20_reyes.jpg

通過を決め嬉しそうな表情のエフレン・レイズ


その日本勢は波乱先行ともいえる展開。初戦で大井直幸がYu Li Si(台湾)に飯間智也がF・ブスタマンテ(フィリピン)に、栗林達がマークアリストテレ・メンドーザに敗れて、今日の敗者側2連勝が決勝ラウンド進出への絶対条件となった。さらに勝者2回戦でも海外のトップ選手を相手に日本勢の苦戦が続く。そこに土方隼斗が斬り込む形で、テレビテーブルで行われたラミル・ガレゴ戦を制して、今大会初の日本人通通過者となった。それに続いたのは西尾祐で、党金虎(ダン・ジンンフー)を相手にフルゲームに追い付くと、痺れる場面で取りこぼさない強さを見せて逆転勝ちで決勝シングル進出を決めた。

ajcs20_nishio.jpg

土方に続いた西尾祐


昨日の段階で通過を決めた日本人は2名のみ。だが、今日も勝者最終、敗者最終までの回転をこなす中で、続々と決勝トーナメント進出者が決まっていく。一人でも多く残って、一つでも多く勝ちあがる。これに期待をしながら、会場で、そして日本中で寛仁親王牌奪還を見守っていただきたい。

ajcs20_outside.jpg

好天に恵まれた会場のアルカイック


スコアとライブストリームはこちらから
2017全日本選手権ライブスコア
ライブ・ストリーム(動画配信)
facebook-Chinese 8 Ball WeMasters
live.qq.com/

Akira TAKATA