WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 8日からステージ2がスタート

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.11.08 トーナメント

8日からステージ2がスタート

女子ナインボール世界選手権

w9wc08_kawahara00.jpg

昨年準優勝の河原千尋が世界獲りを狙う(写真提供:Alison Chang)


11月8日(水)より、中国・海南島を舞台に、『女子ナインボール世界選手権』の本戦であるステージ2がスタートした。

このステージ2には、昨年のチャンピオン、地元中国の韓雨を始めとして、世界各国の女子トッププレイヤー64名が出場。まずは8名8組に分かれて7ラック先取、交互ブレイク、ダブルイリミネーションの予選ラウンドを行い、各組から4名が、9ラック先取のシングルイリミネーションで戦われる決勝トーナメントに進むことができる。

w9wc08_4.jpg

ステージ2から参戦のJPBA勢。左から梶谷景美、栗林美幸、曽根恭子、平口結貴


この大会にはJPBAから、昨年準優勝の河原千尋を筆頭に、平口結貴曽根恭子梶谷景美栗林美幸の5名が出場。グループ2の曽根が台湾の林沅君と初戦を戦い、グループ6には河原、栗林、平口の3名入り、それぞれナタリア・セロスタン(ロシア)、ナランツヤ・バヤルサイハン(モンゴル)、陳佳樺(台湾)と対戦。グループ8の梶谷は2010年に今大会を制している付小芳(中国)との初戦を迎える。

w9wc08_b3.jpg

昨年のベスト3。左から準優勝・河原、優勝・韓雨、3位・高梦(中国)(写真提供:Alison Chang)


日本の女子トップランカー5名が挑む世界選手権。まずは予選ラウンドを突破し、決勝トーナメントでの活躍を期待したい。