WEB CUE'Sトップ > トップニュース > ランキング動向大分析【全国統一ランキング編】

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.09.09 トーナメント

ランキング動向大分析【全国統一ランキング編】

大井直幸がトップ、2位とは230pt差。


前回の東西ランキング編に続き、今回は全国統一ランキングの動向を見ていく。現在のJPBA男子統一ランキングトップ10は以下(JPBA公式HPより引用)。なお、ここで紹介しているランキングは、今年1月からのポイントを対象としたものである。

1位 1890pt 大井直幸
2位 1660pt 羅立文
3位 1650pt 土方隼斗
4位 1640pt 竹中寛
5位 1380pt 田中雅明
6位 1340pt 北谷好宏栗林達赤狩山幸男
9位 1250pt 吉岡正登
10位 1220pt 杉原匡

jo16_ooi.jpg

1位・大井直幸


1位は大井直幸。今年は『関西オープン』と『全日本ポケットビリヤード選手権大会』で優勝、『14-1オープン選手権大会』3位タイ、『ジャパンオープン』で準優勝と結果を残して来た。グランプリを含め、出場したJPBA公式戦でベスト4に入らなかったのは、予選落ちした『北海道オープン』のみ。

0522_14-1_ro_th.jpg

2位・羅立文


2位の羅立文は、今年『14-1オープン選手権』で優勝。『全日本ポケットビリヤード選手権』と『ハウステンボス九州オープン』で準優勝とハイアベレージだ。

続く3位が土方隼斗で、羅とわずかに10pt差。意外なことに、今年に入ってからは、グランプリイースト第2戦(『リンク北千住』開催)で1勝を挙げたのみで、全国オープン戦での優勝がない。次いで4位が竹中寛で、土方とはやはり10pt差。2〜4位が20ptしか離れておらず、現状では2位争いが接戦となっている。

0909_1_th.jpg

3位・土方隼斗、4位・竹中寛


全国ポイント対象試合は残すところ3試合。

9月『東海グランプリ』
10月『北陸オープン』
11月『全日本選手権』

点差を考えれば、1位争いは上位4名の選手にほぼ絞られた。そして2位と230pt差をつけている大井は、残り全ての試合で予選を通過すれば、このまま逃げ切る可能性が高い。しかし11月の『全日本選手権』は国内で最もグレードの高い試合だ。点差が離れていたとしても、羅、土方、竹中のいずれかの選手が優勝すれば、一発逆転の可能性も秘めている。ランキングが懸かってくる後半戦、これからの戦いは、より面白いものになってくる。

※記事内の試合は『CBNT』でご覧になれます。ぜひご利用下さい。