WEB CUE'Sトップ > トップニュース > "サムライ"竹中寛が九州初制覇!

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.06.12 トーナメント

"サムライ"竹中寛が九州初制覇!

第29回ハウステンボス九州オープン

kyusyu12_winner.jpg

竹中は約1年振りの公式戦優勝


6月10日〜11日(土・日)に長崎県佐世保市のハウステンボス内にある『タワーシティプラザ』特設会場を舞台に『第29回ハウステンボス九州オープン』が開催された。2015年に日本最大規模のテーマパークで九州オープンが行われるようになってから、今年で3回目の開催だ。

kyusyu12_hall.jpg

会場となるハウステンボス内の『タワーシティプラザ』特設会場


今大会は、ナインボール(コールショット)、勝者ブレイクの1オンフット、スリーポイントルール採用で、予選がダブル・イリミネーションの7ラック先取、決勝日は8ラック先取のシングル・イリミネーションというフォーマットで戦われた。

kyusyu12_yoshioka.jpg

3位タイ・吉岡正登


まず大会初日は決勝トーナメント進出をかけた予選ラウンドが行われ、九州地区だけでなく、全国各地から集結したJPBAプロ73名、アマチュア87名の計160名が熱い戦いを展開。その結果、矢野創一(BAN)がアマチュアとして唯一勝ち残った他は、全てJPBA勢が占めることとなった。

kyusyu12_tanaka.jpg

3位タイ・田中雅明


大会2日目は、ベスト32から決勝までが多くのギャラリーが見守る中で進行。そしてこの日、素晴らしいプレーで強さを見せたのが竹中寛だった。竹中は初戦の北谷好宏戦を8-4で制すると、ベスト16で原口俊行、準々決勝で福本宇太郎、準決勝では吉岡正登と、全て西日本勢との対決に勝って決勝に進出。昨年6月の『西日本グランプリ第3戦』以来1年振りの優勝まであと1勝に迫った。

kyusyu12_lo.jpg

準優勝・羅立文


竹中の決勝の相手となったのが、今シーズンも高いレベルで安定した成績を残し、先月に開催された『全日本14-1選手権』で今季JPBAランキング対象公式戦初優勝を果たしている羅立文。

羅はベスト32戦から能勢勇作杉原匡津堅翔との競り合いをそれぞれ8-5、8-7、8-6で制して準決勝に進む。田中雅明との対戦となったこのゲームでは、ブレイクがなかなか決まらない展開となったが、絶妙なセーフティと田中のミスもあり、一気に7-1として最終となった第9ラックをマスワリで締めて決勝に駒を進めた。

kyusyu12_takenaka.jpg

九州のビリヤードファンにトッププロのプレーを存分に魅せた


東西トッププロ対決となった決勝戦はハイレベルな戦いとなったが、竹中の気迫溢れるプレーが羅を上回り8-4でフィニッシュ。竹中が見事に今季初優勝を、嬉しい九州オープン初制覇で飾った。

この決勝戦の模様はCBNTで配信予定ですので、こちらもお楽しみに。