WEB CUE'Sトップ > トップニュース > 4度目の世界制覇! 肥田緒里恵!

カテゴリー

アーカイブ

トップニュース

2017.05.16 トーナメント

4度目の世界制覇! 肥田緒里恵!

第7回女子スリークッション世界選手権

5月12〜14日にベルギー・ハレで行われた『第7回 女子スリークッション世界選手権』。肥田緒里恵が7大会連続出場にして4度目の優勝を掴み取った。もう一人の日本代表、林奈美子も予選を1位通過し5位タイに入賞した。準優勝は韓国の若きエース、イ・ミレ。3位タイはトルコのギュルシェン・デゲナーとデンマークのマリアンヌ・モーテンセン。

0516_ladies3c_hyosyo.jpg

左から肥田、イ・ミレ(韓国)、デゲナー(トルコ)、モーテンセン(デンマーク) 写真提供:林奈美子


肥田と林は共に予選を1位通過、肥田は全勝通過だった。他の予選全勝通過者は、大会3連覇を狙うオランダのテレース・クロムペンハウアーと韓国のイ・シンヤン。中でもクロムペンハウアーは予選アベレージ1.086、ハイラン7点と他を寄せ付けぬ強さを見せた。予選は4組各4名ずつのリーグ戦形式で、各組から上位2名ずつが決勝トーナメントに進んだ。 

16kokusai_hida.jpg

肥田緒里恵が4度目の世界制覇(写真は2016年時のもの)


しかし決勝トーナメントの初戦、ベスト8の試合では波乱が起こる。デンマークのモーテンセンが、今大会の大本命であるクロムペンハウアーを30-26(34イニング)で倒し、クロペンハウアーの3連覇を阻止。一方日本勢は肥田がベルギー、J・ブーレンスに快勝し準決勝進出、林はイ・ミレに敗れ5位タイで大会終了となった。

ajl3c14_hayashi03.jpg

林奈美子は2大会連続の5位タイ(同上)


準決勝は肥田vsデゲナーとイ・ミレvsモーテンセンのカード。ここでは肥田がデゲナーを30-29、総イニング数47の大混戦で辛くも勝利。もう片方の準決勝では、モーテンセンがベスト8のクロムペンハウアー戦で全てを出し尽くしてしまったのか、30-8(26イニング)でイ・ミレが快勝した。

決勝戦は肥田vsイ・ミレのアジア対決。イ・ミレは2016年の前回大会(韓国開催)でファイナル初進出を果たしており、これで2大会連続で決勝を撞くことになる。肥田は3連覇を果たした2008年以来の9年ぶり、4度目の決勝戦進出となった。試合は肥田が安定感あるプレーをする一方、イ・ミレは初の世界タイトルを前にしてコントロールが利かなくなったか、30-19(37イニング)で肥田の勝利、経験の差が現れた結果となった。これで肥田は第7回大会にして実に4度目の世界チャンピオンに帰り咲くことになった。