WEB CUE'Sトップ > ギア&アイテム情報 > NEW ART 銘木ジョイントキャップ入荷!

カテゴリー

ギア&アイテム情報

2012.05.11 メンテナンス&アクセサリー

NEW ART 銘木ジョイントキャップ入荷!

コダワリ派にピッタリのローズウッド、バーズアイメイプル、ブラックメイプル、アカシアで製作された3/8-10山、ラジアルピン用ジョイントキャップ。

銘木とは、見た目にも美しく希少価値の高い木材の総称で、一般的には黒檀やウォールナット、マホガニーなどが知られている。ビリヤードの世界でも、主にキューの素材として、木目や色合いが美しいばかりではなく、スポーツギアとしての耐久性、安定性を保証する性質を持つ数多くの銘木が使われているが、ここで紹介するのは、そんな銘木を素材にして製作されたジョイントキャップだ。

写真は、左からローズウッド、バーズアイメイプル、ブラックメイプル、アカシアを素材とした汎用タイプのキャップで、今月に入ってビリヤードプロショップ『NEW ART』に入荷したばかりものだ。キューにはメーカーやモデルの違いによって様々な形状のジョイントが使われているが、このキャップはそれぞれにラジアルピン、3/8-10山の2種類のジョイントに対応している。

ジョイントキャップはその名の通り、キューを分割してケースに入れたり、保管したりする際に、バットとシャフトを繋ぐジョイント部分を保護するために使用されるパーツ。プレーするために絶対に必要という訳ではないし、機能だけを追求するならプラスティックや樹脂製でも十分で、実際にそんなキャップも一般的に使われてはいる。だが、キューが単なるプレーのためのギアではないのと同様、こんな細かな部分にも美しさを求め、コダワリを持つのがビリヤード・アイテムの世界なのだ。

写真左から、ローズウッド(3/8-10山用):2,320円、バーズアイメイプル(3/8-10山用):2,320円、ブラックメイプル(ラジアルピン用):3,120円、アカシア(ラジアルピン用):3,120円(※価格はいずれもNEW ARTでの販売価格です)