WEB CUE'Sトップ > アーカイブ > 23rd Japan Open Men's Division Report

カテゴリー

アーカイブ

23rd Japan Open Men's Division Report

男子349名、女子94名、国内外のプロアマ合わせて計443名が出場した今年のジャパンオープン。2日間に渡る激闘の末に、ショーアップされたファイナルステージに残ったのは、フィリピンが世界に誇る2トップ、E・レイズとF・ブスタマンテ、そして台湾の周婕妤、中国の李佳の4名であった。日本勢は栗林達、河原千尋、並木咲子が3位タイに入賞するも残念ながらファイナルへは届かず。ここでは大会のハイライトであるニューピアホール特設会場で行われた男女決勝トーナメントの模様をリポートする。(2010年5月号掲載)
Text by Akira Takata, Yoshinobu Hakamada

ダウンロード

オススメ書籍・DVD